三浦アルプスハイキング
富士山双子山登山
シーカヤック体験&ショートレース 協賛パタゴニア
江の島サーフィン
バディ会員限定・南アルプス北岳登山
江の島シーカヤック
バディ上級生会員限定・西丹沢
三浦の自然と人との集い

「江の島からエベレストまで」「波遊びからオリンピックまで」
個々の求めるレベルに合わせた本格的な自然体験をサポートします

Dance on the earth(以下DOE)は、海と山のアウトドアのプロフェッショナルが手を組み、月に1回、湘南をベースに、本物の大自然と本格的に向き合う機会を提供するアウトドアスポーツ教室です。最前線で自然と関わり続けている経験豊富なスタッフが、参加者1人ひとりの求めるレベルにあわせて、自然のなかに入っていく喜びから、もう一歩踏み込み、自身の限界を乗り越えてアウトドアフローを体験する次元まで、成長をサポートしていきます。 本気で求める気持ちがあれば、おとなもこどもも大歓迎!年齢も立場も越えて、共に楽しむ仲間として、魂がおどるような体験を共有していきましょう。

主催団体

遠藤 大哉

遠藤 大哉

1968年生まれ 東京都狛江市出身 バディ冒険団代表
日本ライフセービング協会認定サーフインストラクター
オーストラリア・サーフライフセービング協会サーフコーチレベル2
レスキュー2006・2008日本代表監督
日本体育大学、東海大学、神奈川大学、江戸川大学非常勤講師

遠藤 恵子

遠藤 恵子

1972年生まれ 神奈川県藤沢市鵠沼出身
10歳でカヌーに夢中になり
中学生で日本選手権優勝 日本スポーツ賞受賞
1992年バルセロナオリンピックカヌー競技日本代表
1996年アトランタオリンピックカヌー競技日本代表
指導者の立場になった現在もカヌーを、水との一体感を愛し、理屈ではなく感覚を大切にした指導法は地元でも定評がある。

戸高 雅史

戸高 雅史

1961年生まれ 大分県出身 登山家 野外学校FOS代表
山との融合を求め、23歳から無酸素や単独のシンプルなスタイルで高峰へ向かう。 ナンガパルバット峰南西稜、ブロードピーク峰アルパインスタイル縦走(世界第二登)、K2峰(8,611m)南東稜(単独)など、8000峰四座に無酸素登頂。
現在は登山ガイドや講演活動の他、幼稚園から大学で登山の授業を通して体験の場を開いている。

戸高 優美

戸高 優美

1969年生まれ 東京都出身 自然活動家
野外学校FOS事務局
95年より、パキスタン・ブロードピーク峰、K2峰、チベット・チョモランマ北西壁など5年連続ヒマラヤ遠征のベースキャンプマネージャーを務める。 ヨーロッパアルプス・モンブラン・ユングフラウ登頂。
日本帰国中は、野外教育の非常勤スタッフとして様々な教育現場で活動。

2017年度プログラム

※全て現地集合 費用にはレンタル装備、保険、宿泊、食事、その他リフト代などを含みます。

参加申込みをする

お問合せはこちら

ここが違う!DOEの指導方法

DOEの指導法は、「理屈」で教えるのではなく、本質となる「動き」を教え、その「動き」を反復的に経験することで、内側から生まれる「イイ感じ」を大切に積み重ねていきます。この「イイ感じ」を逃さないため必要なのが集中力です。この集中力とは、一般的な理屈による「いいフォーム」への意識の集中ではなく、思考を停止させ体内感覚を研ぎ澄まし、感じることへの集中です。体が一度覚えた「イイ感じ」を体が忘れることはありません。私たちは自分自身の身体の能力をもっと信用しなくてはいけません。DOEでは、そのことを踏まえて、「動き」優先の指導を重視し、感じ取った感覚データを体内にたくさん蓄えていくことを飛躍的な上達の鍵と考えています。

競技ではないアウトドア・スポーツの究極の目標・目的は「楽しみ」です。楽しみの内容やレベルは人によって異なりますが、より上手くなることで、「楽しい」レベルと「安全」レベルが高くなることが共通して言えます。この教室のねらいも上手くなって「楽しい」レベルと「安全」レベルを引き上げることにあります。この「上手くなる」と「楽しみ・安全」の関係は、上手くなればより楽しみ、楽しければもっとトレーニングしてより上手になるという螺旋的サイクルの関係にあります。 個々人のライフスタイルの中でこのサイクルを実践していくことが、日々の生活をより豊かに充実させ、それを長く続けることが生涯スポーツの実践につながっていくと考えられます。 「生きる喜び」「幸せな人生」「生活の質」を手に入れ、高めていくモデルの実践が、DOEです。

Special thanks to

本プログラムは、活動主旨に賛同頂いた以下の企業様にご協力を頂いております。

patagonia bomd goodyhomes sugata

More information by facebook

DOEでは、最新ニュースや報告レポートをfacebookにて随時発信してまいります。どうぞご覧ください。